そらやまのぼっけもんブログ

鹿児島から世界へ・・翔ぶが如く

ワールドカップロシア大会『ポーランド戦』

ワールドカップロシア大会『ポーランド戦』

 

後味が悪いという評価の試合と言われましたが自分はこれで良いと思った試合運びでした。

 

グループステージ第3戦

 

さあ、運命のグループステージ突破が決まる大一番!!
 
ポーランドは二戦を終えてグループステージ敗退が決まっていますが、意地でも勝ち点をゲットして、W杯を終えたいところでしょう!!
 
日本代表、西野監督はこの大一番で先発を6人入れ替えるという大胆な采配を振るいました!!
 
すごい勝負師ですよね!!
 
引き分け以上で自力突破が決まる大一番で6人なんて入れ替えること自分にはできません^^;
 
先発には槙野智章、酒井高徳、宇佐美貴史、山口蛍、岡崎慎司、武藤嘉紀が入り、香川真司、昌子源、原口元気、長谷部誠、大迫勇也がベンチスタートとなりました。
 
試合は日本代表が守備ラインを低くしてカウンターからの攻撃で両サイドを使いゴールを狙います。
 
序盤こそ、武藤や宇佐美がスペースを利用してポーランドのDF陣の裏を狙いますが、なかなか決めきれません。
 
ポーランドもエースレヴァンドフスキーを中心として高速カウンターで日本ゴールを狙いますが、初戦、第2戦と調子の上がらなかった川島を中心に、日本が懸命に守りゴールを許しません!!
 
自分が思うには、やはりトップ下で違いを作り出せる香川真司の存在が大きいと思った試合でした!!
 
また、タメを作ってボールをキープできる大迫勇也の存在も大きいと思いました。
 
試合は徐々にポーランドペースで試合が進みます。
 
お互い決定機はあるものの、なかなか相手ゴールを崩せず、前半は0-0のままで折り返します!!
 
このまま進むと日本のグループステージ突破が決まります!!
 
後半もスターティングメンバーのままでスタートします。
 
しかし、後半早々、日本代表にアクシデントが襲います。
 
FWの岡崎慎司が痛めていた足が良く無く、1分で大迫選手と交代となりました。
 
すると、後半14分ついに均衡が破れます!!
 
ポーランドが日本陣内でフリーキックのチャンスを獲得すると、ゴール前に上がったクロスにダイレクトで14番べドナレク選手が合わせて先制されてしまいます。
 
日本代表は2枚目の交代カードを切ります!
 
宇佐美選手に代わり乾選手を投入し、攻めの姿勢に!!
 
徐々に攻めますが、なんで早く3枚目の交代カードを切らないんだよって思いました!!
 
しかし、策士の西野監督には考えありました。
 
裏カードのコロンビアvsセネガル戦の結果ではグループステージ敗退の危機に。
 
しかし、ここで運も日本に味方してか後半29分にコロンビアが先制します!
 
すると、他会場の情報が入ったのでしょう。
 
このままの結果だと日本はフェアープレーポイントの差でセネガルを上回って決勝トーナメントに勝ち進む事が出来ると!
 
するとまさかの交代カードが武藤に代えて長谷部キャプテンを投入!!
 
自分も、ん?と思いましたがすぐに西野監督の意図がわかりました。
 
このままいけばグループステージ突破出来ると・・・
 
めっちゃ賭けですよねー!!
 
裏カードのセネガルが追いつけば敗退確定なのに攻めないなんて^^;
 
日本代表は無理をしないでボール回しを続けました。
 
最初はピッチ上の選手は戸惑ったでしょうね^^;
 
ここで西野監督の策士ぶりがわかりました!
 
最後の3枚目のカードを長谷部キャプテンにした事を。
 
ポーランドも日本の意図を察知してか、無理に仕掛けて来なくなりました。
 
自分はこの時点でコロンビアvsセネガル戦にチャンネルを切替ました^^;
 
そして試合終了のホイッスル。
 
無事に!?両カードとも0-1で終わり日本代表決勝トーナメント進出!!
 
いやぁ西野さんめっちゃギャンブラーやなぁって思いましたね^^;
 
このパス回しには賛否両論ありましたが、自分は西野監督の考えを肯定する側でした!!
 
だってまだ日本代表の試合が見たいから(><)
 
次はいよいよ決勝トーナメント1回戦、ベルギー戦です!!